愛娘ほのちん(2004年3月生)と愛息子ちー(2009年6月生)の愉快な成長まんが日記
by sue-mura
<   2006年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
衣替え
遅まきながらも、ほのちんのタンスの中身の衣替えをした。現在のほのちんの服のサイズは90~100(子供の服のサイズの表示は身長をさしています)。きっと来年には90は着られない。タンスを開けると80~90の服がわんさか出てくる。中には破れているものや、マジックでいたずら書きをされた服まである。丁度いいので、衣替えをすると同時にほのちんの古着の整理も試みた。

ほのちんの子供服は大半がおさがりである。ほのちんは一人っ子だけれど、幸いママの学生時代のお友達やママのいとこ、ほのちんのいとこ等々、様々な方面からおさがりを大量にいただく。みんな可愛くてきれいな服を譲ってくれるのでママはとても助かっている。
中には沢山の子供が袖を通したであろうと思われる服もある。一見普通のきれいな古着なのに、保育園に持たせるためにほのちんの名前を書こうと服を裏返すと、服の内側のタグにいっぱい名前が書かれた跡があるのだ。「あぁ、この服を着た子達もこの服を着て保育園に通ったんだなぁ」といろいろ想像できて楽しい。

でもさすがに3~4人が着回すと限界なのか、ほのちんが着ている間に破れてしまったり繊維がつんつるてんになってしまう服も多い。もう人に譲れないくらいに痛んだ服は処分するしかない。「あれもダメだ。これももうダメだ。」なんて言いながら処分する古着を集めていると、こんな山ができた。
f0091664_14523184.jpg
どの服達も御苦労様です&ありがとう。

「今度ボロ布のゴミの日に出さなきゃなぁ…」とつぶやくと、ほのちんに「ゴミしない!これ、ほの着るの!」と叱られた。そうだよね、ほのちんにとってはどれも愛着のある服だもんね。
…ほのちんに知られないようにゴミに出すのは大変だろうな。

言うまでもなくほのちんは我が家で一番の洋服持ち。
これだけ処分しても、ほのちんの専用タンスにはかわいい服があふれそうなくらい沢山入っている。うらやましい~!


[PR]
by sue-mura | 2006-09-29 14:53
我が家の中途半端な自慢
我が家の自慢。それはほのちんのアルバムである。

カメラマンのパパがせっせと撮ったほのちんの写真の量は膨大だ。その中からセレクトしたものをアルバムに貼っているので、ちょっとした写真集のようである。
問題は、アルバムに貼ってあるのがパパが撮った写真だけではないという事。

素人のママが撮った写真もある。ママは写真に詳しくないけど、パパとほのちんが一緒にいる所を写真に収めようとすると、どうしてもママが撮るしかない。以前よりマシになったとはいえ、ママの撮る写真はやっぱりイマイチ。でもパパもほのちんのアルバムに入れたいので、そのイマイチな写真を貼る事になる。

そして他にも保育園の先生が撮ってくれたほのちんの日常の写真がある。
ありがたい事に、保育園では先生が園での子供達の様子を写真に収めて、定期的に貼りだしてくれる。希望者は欲しい写真を購入するのだけど、パパはママの購入の仕方に納得がいかないらしい。

というのも、ママがほのちんの写っている写真をなんでもかんでも購入してしまうからだ。例えばこの写真。
f0091664_15484880.jpg

ママ「かわいいよねー。みんな昼寝の時は下着になって寝るみたいだよ。」
パパ「ほのちんはどこ…?」
ママ「ここにいるよ。ここ。」
f0091664_15492258.jpg

ほのちんがみんなの後方に小さくなって何をしているのかというと、
f0091664_1550185.jpg
ハナクソほじほじ!(親指で)
f0091664_15524820.jpg




f0091664_15505479.jpg

ママ「お散歩に行く時は、大きい子達が小さい子と手をつないでくれるんだね。うふふ。」
パパ「…ほのは?」
ママ「ここ。こーこ。」
f0091664_1552321.jpg

f0091664_1553141.jpg
我が子とは思えない位変な顔をしているほのちん。
f0091664_15533897.jpg


パパ「ほのちんが写ってるからって全部買わなくてもいいねんでー…」
え~っ。だってほのちんの一瞬を全部残しておきたいんだもん。買わなかった写真に写ってるほのちんの表情はもう二度と見られないんだよー。(親バカ)

だからこんな写真達もパパの自慢のアルバムに入れてしまうママ(笑)。
ほのちんはそんなアルバムを見るのが大好き。「I LOVE ジブン」だからね。きっと嫁に行く時はそのアルバム達を持って行くだろうから、ママは今からパパママ用のアルバムにもほのちんの写真を入れている。
このアルバムをめくりながら「この頃はいい子だったのに…」と涙する未来が来ない事を願うばかり(^_^;)

追記:明日の朝刊の折り込み広告に「あどまちこ」が入ります。今月も「ほのちんにっき」の4コマが掲載されているので、ご近所の方(三田・神戸市北区・西宮北部)はチェックチェック♪



今日もぽちっと!お願いします
[PR]
by sue-mura | 2006-09-28 16:00
パパの夢
パパの夢。それはアフロヘアになる事。
f0091664_15372891.jpg

でもパパの身長は186cm。アフロヘアにしたら、身長はきっと2mを越えてしまう。そんなの怖いよ…。こんな田舎じゃ目立ってしょうがないし。絶対に地元の名物になるね!


「アフロにしたいな…」というのは、ほのちんが生まれるずっと前からのパパがよく口にしている。でもパパはカメラマン。アフロヘアのカメラマンなんて、舞台の裾で写真を撮っている時に「ちょっと~、そこの人『髪の毛』が邪魔なんだけどー!」と後ろの人に文句を言われる可能性100%。

でも実はママもアフロは嫌いじゃない。(それどころか、「アフロは私の方が似合うぜ!」とすら思っている。)ほのちんもスキマスイッチの常田さん(アフロ)が大好きだ。テレビにスキマスイッチが出ると、「あーっ!」と指さして喜んでいる。…それはあくまで「珍しいモノを見たヨ」ってな喜び方だけどね…。

最近「アフロにしたい」発言があまりないなと思っていたのに、昨日パパがこんなことを言っていた。
f0091664_15452541.jpg
パパのアフロヘアの夢は消えた訳ではなかったようだ。

いつか叶うといいね!←ヒトゴト


今日もぽちっと!お願いします
[PR]
by sue-mura | 2006-09-27 15:47
ねまき
f0091664_15394842.jpg

夜間は気温が低くなってきて、ほのちん寝冷えが心配な今日この頃。適当なシャツとパンツを寝間着にした時は腹を丸出しにしているほのちんだけど、子供用のパジャマとして売られている服はとっても機能的。

従姉妹のおさがりでもらったパジャマを着せると、
f0091664_15414551.jpg
ボタンが余分に付いている。「…?コレはなに?」と不思議に思いながら、下のズボンを履かせてみて納得。ズボンのゴムの位置にはボタンと同じ大きさの穴が二つ空いている。その穴にパジャマの余ったボタンを通すと、
f0091664_15431956.jpg
ほ~ら、お腹が冷えなくて便利でしてよ。そんなの知ってた?
実はこのパジャマ、去年もほのちんに着せてたのにママは全然気が付かなかった…(←アホです)。「どうしてこんな所にボタンが付いてるのかな?」と漠然と思ってただけ。普通気が付くよね~。

ほのちんはパジャマのボタンを上手に自分ではめている。そんな事が出来るようになってたなんて、ママは全然知らなかったのでびっくりした。ママの知らない間にほのちんが進歩してたよ!



今日もよろしくお願いちまつ
[PR]
by sue-mura | 2006-09-26 15:47
貧しいながらもほのちん家
今日は給料日だったので、ちょっと贅沢をしてみた。
f0091664_23817100.jpg
じゃじゃーん!「男前豆腐」1丁300円。
前から気になってたんだよねー。でもウチはいつもその日一番安い豆腐を買う貧乏ほのちん家。1丁300円なんて、今日は超贅沢~!

で、お味はというと、やっぱりいつも食べる豆腐とは全然違った。醤油をつけなくてもほんのり甘くて美味しいの。食感はクリーミーだし、ほのちんも美味しそうにモリモリ食べてくれた。今度は半年後ぐらいに奮発しようかな。

今更言うまでもないけれど、ほのママは貧乏症。
パパに「宝くじで1億当たったら何を買う?」と聞かれて、「コピック全色!」と意気揚々と答えてしまう位貧乏症。
f0091664_23155079.jpg


おかげでほのちんにもこんないらぬ心配をされてしまった。
f0091664_23175983.jpg

時々「ほの、こうたる」と太っ腹な親父のような台詞を言うほのちん。気持ちだけでも嬉しいものだ。

ほのちんはまだ2歳のくせに、数万円の貯金を持っている。今まで2度経験した正月のお年玉だ(主にジジババから)。
今後もお年玉は「ママが預かっとくね」と言って回収し、大人になったほのちんに「はいどーぞ」とまとめて渡して驚かせようと思っている。
大きくなったほのちんがどんな顔をするか、今から想像して楽しんでいるママ。ん~、楽しみ。



貧しいほのちん家に一票を(ここをポチッとクリック!)
[PR]
by sue-mura | 2006-09-25 23:26
ほのちんの指が!
今日は晴れていたので、ほのママの母親のお墓参りへ行ってきた。丁度お彼岸だった事もあり、墓地は墓参りに訪れた人達でいっぱい。ほのちんはいつもと違う様子にちょっと戸惑った様子だった。そのせいか「かぁ、かぁ!」とママから離れない。不安になったほのちんはテンションがすっかり下がってしまった。

そのままママの実家へ寄った後、悲劇が起こった。玄関で靴を脱ごうとした時、ヨシノリさん(ママの親父)が「どうもインターホンが故障したみたいなんや。試しに外からインターホンを押して見てくれんか」と言ってきた。その時ほのちんは靴を片方脱いでいる状態だったので、「ほの、ママはちょっと外のボタン(インターホン)を押してくるから、ここで待っててね。すぐ戻るから」と声を掛けて、ママ一人でインターホンを押しに出た。

門の外のインターホンを押すと、「ピンポーン」と音が鳴る。ママは玄関に戻り、ドアを開けて「今インターホンを押したけど、家の中でも音鳴った?」と聞いた。同時に開いていた玄関のドアが勢いで閉まった。と、思ったら
f0091664_22491823.jpg
ほのちんの絶叫!振り返るといつの間にかドアの影に座り込んでいたほのちんが、ドアに指を思い切り挟まれている。ママは内心大慌て!\(◎o◎)/!
f0091664_2254343.jpg
見ている間にどんどんほのちんの指が腫れてくる。自宅に戻って湿布を貼ると少し治まったみたいだけど、小さなほのの指が思い切り凹んでいたので、てっきり指が折れたのかと思ってしまった。
ほの、ごめんね。



昨日お友達のまめ姐に「いちじくのコンポート」をたくさん頂いた。あんまり美味しいので、このままだとママ一人で食べ切ってしまいそうな勢いだ。昨夜は冷蔵庫にハーゲンダッツのクッキー&クリームがあったので、それとコラボさせてみたら目玉が飛び出そうに美味しかった。
今日も夕食を食べるパパの目の前でいちじくのコンポートをもりもり食べていたら、パパが一言つぶやいた。「…それって『しりこだま』みたいやな…」。
【しりこだま】→河童が川に入り込んだ人の肛門に手を突っ込んでぬいてしまうと言われているもの……。
せっかく人が美味しいモノを食べてうっとりしている時に、よりにもよって「しりこだま」ですか!?キーッ!妙にしっくりくるのが、また腹立つのよね…。

今日の出来事。
f0091664_2375417.jpg

お気づきの方もおられるかしら。
最近ほのちんは「抱っこ」と言う回数が急激に減っている。ついこの前までは、こんな風に一人で歩いていってしまう事なんて全然無かったのに。助かるなぁ~(^^♪

ゴミが道端にこんなに落ちているなんてのも新たな発見。実はママ、ほのちんに指摘されるまで、これらのゴミに気が付いていなかった。もしかしてこんな光景に慣れてしまってるのかしら?イカンねー。



ちょっぴり奉仕活動にがんばったほのちんに一票をお願いします。
[PR]
by sue-mura | 2006-09-24 23:13
犬のはなし
ほのちんは動物ずき。でも相手が大きかったり、動物の方から急に接近されると怖いようだ。適度な距離が必要なんだね。
f0091664_151463.jpg



ママは実家でゴールデン・レトリーバー(メス)を飼っていた。名前はハナ。
f0091664_1524489.jpg
乳離れしたばかりの小さい子犬を貰ってきて、それはそれは可愛がって育てていた。結婚して家を出てからも、ママは時々ハナに会う為だけに実家に顔を出した。ほのちんが生まれてからもそれは続いていたけれど、ハナはほのちんが生後6ヶ月の時に9歳で急逝してしまった。ほのちんをハナの背中に乗せるのがママの夢だったのに。
f0091664_15161812.jpg

やんちゃなハナだったのに、赤ん坊のほのちんには決して乱暴をしなかった。フンフンフンと鼻を鳴らしてほのちんの顔の匂いをかぐだけ。今生きてたらほのちんも喜んだだろうなぁ。

そんなハナが一番スキだった人物は、ママではなく、ほのパパ!
パパはどちらかというと犬が苦手だったのに、積極的なハナに懐かれて押し倒され、いつの間にか慣れてしまったようだ。ママの代わりにハナの散歩に行ってもらった事も一度や二度ではない。(大型犬の散歩は時間もかかるし体力がいるから大変なのだ)
f0091664_15212149.jpg
ハナが庭の片隅に宝物を埋めていた事実は、パパから知らされるまでママの実家家族は誰も知らなかった。パパにだけ宝物を見せびらかすなんて、ハナは相当パパがスキだったんだね。

f0091664_1524651.jpg

一軒家に住んでいるので、犬を飼おうと思えばいつでも飼えるんだけど、働いていると犬を一匹だけ家に残す時間も多いので、今はなかなか飼う気にはなれない。いつか飼えるといいな。

余談だけど、四コマにもあるように、ほのちんは「小さいワンワン」とか「青い車」という表現をよくする。かわいいので特に指摘もせず「小さいワンワンね」「青い車ね」とさりげなーくママが言いなおすんだけど、全然直らない。ま、いっか。



犬のいる生活っていいなぁ~~。
[PR]
by sue-mura | 2006-09-22 15:28
お元気で~
先日朝宮真由のビキニの話をブログに書いた後、一応事後承諾ながらも彼女に「こんな話をブログに書いちゃったよ」とお知らせしたら、本人から「嬉しかったー」と返事を頂いた。マメなヒトだ~!ラブ~!
12月8日に大阪バナナホールで一人舞台をする事になったらしいので、ここで宣伝。すごいなぁ。ママは一人相撲ならしょっちゅう取ってるんだけど……。


f0091664_15323646.jpg
ママが決して口にはしない言葉や言い回しを時々するほのちん。おしゃべりで口達者なのを見ると、やっぱり女の子だなぁと感じる。まだまだ「~でしゅ」なんて「サザエさん」のタラちゃんみたいな赤ちゃん言葉が抜けないけどね。


昨夜はテレビで懐かしのカラオケソングなんて特番をやっていた。こういうのを見ると、つい一緒に熱唱してしまうママ。「六本木心中」を歌うアン・ルイスが出てきた時、彼女のヘアスタイルがボリューム一杯ですごかったので、ほのちんに「見て見て、すごい髪型だね」と告げると「うん。かぁみたい。」と言われてしまった…。ほのちんの中では「もじゃもじゃ=ママ」らしい。
かと思えば、お色気たっぷりの濃いメイク&巻き髪のセクシーお姉ちゃんの写真を指さして、「かぁみたい~!」と言ったりする。ほのちんにとってママってどんな風に映ってるの…?



ぽちっと!お願いします。
[PR]
by sue-mura | 2006-09-21 15:43
ママは不審人物?
昨日は保育園のお掃除当番に当たっていたので、いつもより早く会社を出たママ。普段より一時間も早く保育園へ行くと、お迎えの保護者の顔ぶれがいつもとは全然違う。いつもママがほのちんを迎えに行くのは、延長ギリギリの六時前。そんな時間には見かけない園児が「だれのママ~?」とけげんそうな顔で聞いてくる。そりゃそうだよね。

簡単に掃除を終えて、ほのちんとさあちゃんを連れて駐車場まで行き、車に乗せていると、犬の散歩をしているオバちゃんに声をかけられた。
オバちゃん「どちらまで帰りはるのん?」
ママ「…?○○です。」
オバちゃん「二人とも奥さんの子?」
ママ「いえいえ、一人は娘の友達なんです。預かって帰るんですよ。」
オバちゃん「あら!そうだったの。…イエね、いつもの子と違うなって思ってたから…あはは」

ママはこの時間に迎えに来ることはないので、オバちゃんの言う「いつもの子」ってのはたぶん適当なんだろうけど、おそらく見覚えのない女の人が姉妹とは思えない(ほのちんとさあちゃんは全然似てないからねェ)二人の女の子を連れて帰ろうとしてるのを不審に思ったんだろうね。

こんな風に声をかけられるのは田舎ならではという感じがして、この地域の保育園に子供を預けている身としては逆に安心できる気がする。人の多い都会では「見覚えがないからアヤシイ」って感覚自体あまりないだろうし、あったとしてもなかなか声をかけるにまでは至らないんじゃないかな。

結果的にママは「アヤシイ人」と思われたみたいだけど、イヤな気はしなかった。こういう地域の声かけが一番防犯につながるだろうからね。



昨夜食事の支度をしている最中のこと。
f0091664_15355753.jpg
これはどう見てもバアバの真似。我が家でビールを飲むのはバアバとパパだけ。しかもバアバはパパの倍ビールを愛飲する。こんな感じでよく外出先のジイジに電話をしているバアバ。ほのちんも真似をするならもっと子供らしいネタにしておくれ!


今日もよろしくお願いします!
[PR]
by sue-mura | 2006-09-20 15:38
ほのちん京都へ
9月18日(月・祝)はパパとママの休日が久しぶりに重なったので、家族3人で京都の梅小路蒸気機関車館へ出掛けてきた。ほのちんは先日の交通科学博物館に引き続きまたもやシュッシュ(機関車)とのご対面である。
f0091664_14314834.jpg
前回機関車に顔がなかったのが不満だったのか、今回も機関車の後ろ姿を見つけるとこの発言。顔がないのはシュッシュじゃないのか?(-_-)

梅小路の近所に住むほのちんの従姉妹・まりちゃんと現地で待ち合わせたので、ほのちんは大好きなまりちゃんと機関車を目の前にハイテンション!SLスチーム号にも乗れたし、ずらっと並んだ機関車に(顔はないけど)大満足だったようだ。

ほのちんがそんなに喜ぶならまた行きたいなぁ~。パパは「ほのちんが鉄っちゃん(鉄道オタク)になったりして」なんて言ってるけどね(笑)

でも最近ほのちんが夢中になっているのは、相撲
正直言ってママが相撲が苦手。大昔とっっても肥えた人にいきなり熱烈にプロポーズされて以来、テレビで相撲を見ても鳥肌が立ってしまう。←トラウマです(肥満と相撲取りを一緒にしちゃいけないんだけどさ)。だからママがテレビで相撲を見る事は皆無なのに、ほのちんは相撲を見たがる。愛子様といい、子供には相撲って楽しいものなのかな。

ほのちんは時々「(顔が)愛子様に似てるね」と言われる。ママもそう思う(笑)



機関車の汽笛にビクともしなかったほのちんに一票を!
[PR]
by sue-mura | 2006-09-19 14:45


カテゴリ
全体
2歳11ヶ月
3歳0ヶ月
3歳1ヶ月
3歳2ヶ月
3歳3ヶ月
3歳4ヶ月
3歳5ヶ月
3歳6ヶ月
3歳7ヶ月
3歳8ヶ月
3歳9ヶ月
3歳10ヶ月
3歳11ヶ月
4歳0ヶ月
4歳1ヶ月
4歳2ヶ月
4歳3ヶ月
4歳4ヶ月
4歳5ヶ月
4歳6ヶ月
4歳7ヶ月
4歳8ヶ月
4歳9ヶ月
4歳10ヶ月
4歳11ヶ月
5歳0ヶ月
5歳1ヶ月
5歳2ヶ月
ほの5歳3ヶ月 ちー0ヶ月
ほの5歳3ヵ月 ちー1ヵ月
ほの5歳4ヵ月 ちー1ヵ月
ほの5歳4ヵ月 ちー2ヵ月
ほの5歳5ヵ月 ちー2ヵ月
ほの5歳5ヵ月 ちー3ヵ月
ほの5歳6ヶ月 ちー3ヶ月
ほの5歳6ヶ月 ちー4ヶ月
ほの5歳7ヶ月 ちー4ヶ月
ほの5歳7ヶ月 ちー5ヶ月
ほの5歳8ヶ月 ちー5ヶ月
ほの5歳9ヶ月 ちー6ヶ月
ほの5歳9ヶ月 ちー7ヶ月
ほの5歳10ヵ月 ちー7ヵ月
ほの5歳10ヶ月 ちー8ヶ月
ほの5歳11ヶ月 ちー8ヶ月
ほの5歳11ヵ月 ちー9ヵ月
ほの6歳 ちー9ヵ月
ほの6歳 ちー10ヶ月
ほの6歳1ヵ月 ちー10ヵ月
ほの6歳1ヵ月 ちー11ヵ月
ほの6歳2ヵ月 ちー11ヵ月
ほの6歳2ヵ月 ちー1歳
ほの6歳3ヵ月 ちー1歳
ほの6歳3ヵ月 ちー1歳1ヵ月
ほの6歳4ヵ月 ちー1歳1ヵ月
ほの6歳4ヵ月 ちー1歳2ヵ月
ほの6歳5ヵ月 ちー1歳2ヵ月
ほの6歳5ヵ月 ちー1歳3ヵ月
ほの6歳6ヵ月 ちー1歳3ヵ月
ほの6歳6ヵ月 ちー1歳4ヵ月
ほの6歳7ヵ月 ちー1歳4ヵ月
ほの6歳7ヵ月 ちー1歳5ヵ月
ほの6歳8ヵ月 ちー1歳5ヵ月
ほの6歳8ヵ月 ちー1歳6ヵ月
ほの6歳9ヵ月 ちー1歳6ヵ月
ほの6歳9ヵ月 ちー1歳7ヵ月
未分類
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧